吉成住建menu

WB工法WB工法

WB工法

呼吸する家・通気断熱WB工法
通気と断熱を両立し、夏冬快適な環境をつくる

日本の住宅在来工法は昔から、木、土壁、漆喰、紙、といった自然素材を使い、湿気ると水分を吸ってくれて、乾燥すると水分を放出するという、自然の呼吸を繰り返しながら、風通しが良く四季を通じて快適な環境をつくり続けてきました。

通気断熱WB工法は、日本の伝統と最新技術を組み合わせた、進化した在来工法です。ふたつの方法で通気を行うこと により、伝統的な日本建築にあったような「呼吸する家」を再現することができ、湿気や化学物質が室内にこもらない、まさに健康を守る家を叶えることができます。

壁材に透湿材を採用し、部屋壁と第2通気層により自然な家の呼吸効果。
外壁と主断熱の間に第1通気層を、主断熱と部屋壁の間に第2通気層を設け効果的な断熱。
空気の流れを制御して省エネルギーを実現。「形状記憶式自動開閉装置」通気層を「冬は保温層に」「夏は冷却層に」して断熱効果を生み出します。室内空気循環装置「省エネ君ヨドマーズ」

壁の中を空気が流れるから、無駄な湿気も夏の熱気もこもりません。

湿気で木材が劣化しないから家はいつまでも丈夫。

「家自身が呼吸をする家」です。

最近の高気密・高断熱住宅工法は密封された室内環境で、外気の流入を極力抑える工法で建築されていますが、高気密にすればするほど家の呼吸が止められ空気が淀みます。合板やビニールのような科学素材で覆った壁の中が結露し、時間が経つと木が腐ってしまうことも。また、遮断を原則とするため、室内に入った熱や湿気は全てを換気扇に頼る以外になく、ランニングコストを考えても決して省エネとはいえない状況も発生しています。

通気断熱WB工法は、「木を活かした」家づくり。

肌触り良く、いつでも快適な暖かさと風合いを持つ本物の木と自然素材の家。ご家族の健康と、家自体の耐久性省エネに配慮した家づくりです。

健康に優しい自然素材の家

健康に優しい自然素材の家

通気断熱WB工法の壁には透湿性がある左官材や壁紙を使用しています。

内壁の下地として使われている石膏ボードには、1/1000mmという目に見えない小さな穴が無数にあります。一方水の分子は1/10,000,000mm。そのため室内の湿気は容易に壁を透過できるのです。

またホルムアルデヒトなどの有害な化学物質や生活の中で発生する臭いは、水によく溶ける性質があります。室内の湿気は壁を透過するので、化学物質と生活臭は湿気とともに屋外へ排出してしまえるのです。

室内空気の清涼感を感じる健康住宅を叶えるために、内装材にはビニールクロスや接着材を大量に使用した合板系のフローリングや 接着材で張り合わせたプリントドアなどを極力使わずに施工致します。

本物の無垢材は、適度な弾力や風合いの良さや香り、その質感とともに保湿効果もあり、使い込むほどに味わいが増して美しく、肌触りも良くなります。

室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿度が高い時には水分を吸収してくれる調湿機能を持つ天然木は、季節によって反(そ)ったり、少し隙間ができたりすることがありますが、これは木が呼吸し、生きている証拠。 木が空気中に発散する「フィトンチッド」という香り成分による「リラックス効果」「消臭効果」、不均一な木目が癒しを生む「ゆらぎ効果」などにより、豊かで心地良い住み心地を演出してくれます。

漆喰

日本では昔からお城や寺社、民家、宝物などを保管する土蔵などの壁材として漆喰が使われてきまた。

漆喰には湿気が多い時には吸湿、乾燥時には放湿するという調湿機能があり、二酸化炭素を吸収しながら固まる素材であるため、施工後に水分が乾燥してから、長い年月をかけて硬化してゆきます。漆喰で塗った壁は時間が経つにつれ、だんだんと強くなり、百年掛けて元の石灰石の強度にまで戻るのだと言われています。さらに、こんにゃくの凝固剤に使われるなど、身体にも安心な素材。断熱・保温・調湿・遮音・防火・耐久性に優れ、化学物質も吸着・分解する優れた性能を持った天然の壁材です。

ホルムアルデヒドの減少が表す通気断熱WB工法の性能
WB工法は、エコで省エネな家

WB工法は、エコで省エネな家

断熱性能が同じ2棟の建物を使用して、エアコンの省エネ効果を実験したデータです。写真の左側が室内壁の仕上げ材に透湿性クロスを使用したWB工法。右側が室内壁の仕上材にビニールクロス使用した一般住宅。両方の室内で大人一人が生活していると仮定し、エその際にアコンを使用した場合の効率を実験しました。

仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の気候条件を元にシュミレーションを行った結果、平均で約15%のエアコン使用の削減効果が得られました。

夏の過ごしやすさを得るためには、ビニールではなく透湿性のある壁材が有効だということがわかります。

▼詳細はこちらのサイトをご覧下さい

通気断熱WB工法

webからのお問合せ・資料請求はこちらから